主の側に立つ
出エジプト記 32章
 
  15節 モーセは向き直り、二枚のあかしの板を手にして山から降りた。板は両面から書いてあった。
                 すなわち、表と裏に書いてあった。
  16節 板はそれ自体神の作であった。その字は神の字であって、その板に刻まれていた。
17節 ヨシュアは民の叫ぶ大声を聞いて、モーセに言った。「宿営の中にいくさの声がします。」
18節 するとモーセは言った。「それは勝利を叫ぶ声ではなく、敗北を嘆く声でもない。私の聞くのは、
            歌を歌う声である。」
19節 宿営に近づいて、子牛と踊りを見るなり、モーセの怒りは燃え上がった。そして手からあの板を投げ捨て、
            それを山のふもとで砕いてしまった。
20節 それから、彼らが造った子牛を取り、これを火で焼き、さらにそれを粉々に砕き、それを水の上に
    まき散らし、イスラエル人に飲ませた。
21節 モーセはアロンに言った。「この民はあなたに何をしたのですか。あなたが彼らにこんな大きな
    罪を犯させたのは。」
22節 アロンは言った。「わが主よ。どうか怒りを燃やさないでください。あなた自身、民の悪いのを
    知っているでしょう。
23節 彼らは私に言いました。『私たちに先立っていく神を、作ってくれ。私たちをエジプトの地から連れ上った
    あのモーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。』
24節 それで、私は彼らに、『だれでも、金を持っている者は私のために、それを取りはずせ。』と言いました。
    彼らはそれを私に渡したので、私がこれを火に投げ入れたところ、この子牛が出て来たのです。」
25節 モーセは、民が乱れており、アロンが彼らをほうっておいたので、敵の物笑いとなっているのを見た。
26節 そこでモーセは宿営の入口に立って「だれでも、主につく者は、私のところに。」と言った。するとレビ族が
    みな、彼のところに集まった。
27節 そこで、モーセは彼らに言った。「イスラエルの神、主はこう仰せられる。おのおの腰に剣を帯び、宿営の
    中を入口から入口へ行き巡って、おのおのその兄弟、その友、その隣人を殺せ。」
28節 レビ族は、モーセのことばどおりに行った。その日、民のうち、おおよそ三千人が倒れた。
29節 そこで、モーセは言った。「あなたがたは、おのおのその子、その兄弟に逆らっても、きょう、主に身を
    ささげよ。主が、きょう、あなたがたに祝福をお与えになるために。」
30節 翌日になって、モーセは民に言った。「あなたがたは大きな罪を犯した。それで今、私は主のところに上って
    行く。たぶんあなたがたの罪のために贖うことができるでしょう。」
31節 そこでモーセは主のところに戻って、申し上げた。「ああ、この民は大きな罪を犯してしまいました。自分たち
    のために金の神を作ったのです。
32節 今、もし、彼らの罪をお赦しくだされるものなら――。しかし、もしも、かないませんなら、どうか、あなたが
    お書きになったあなたの書物から、私の名を消し去ってください。」
33節 すると主はモーセに仰せられた。「わたしに罪を犯した者はだれであれ、わたしの書物から消し去ろう。
34節 しかし、今は行って、わたしがあなたに告げた場所に、民を導け。見よ。わたしの使いが、あなたの前を
    行く。わたしのさばきの日にわたしが彼らの罪をさばく。」
35節 こうして、主は民を打たれた。アロンが造った子牛を彼らが礼拝したからである。
 
神の民イスラエル(出エジプト、様々な神の力、エジプトへの災い、紅海)
シナイの荒野(様々な神の恵みの業、水、天のパン:マナ)
シナイ山(神のみ声を雲と雷の中から直接きいた)
 
神はシナイ山の上から雲と雷鳴の中よりイスラエルに10の戒め、人が真に幸福になる為の愛の律法(命令)を授けました。
この神の威光を目の当たりにしたイスラエルの民は、恐れの中で神の臨在を確信しました。
そして、
 
出エジプト記 20章
18節 民はみな、雷と、いなずま、角笛の音と、煙る山を目撃した。民は見て、たじろぎ、遠く離れて立った。
19節 彼らはモーセに言った。「どうか、私たちに話してください。私たちは聞き従います。しかし、
            神が私たちにお話しにならないように。私たちが死ぬといけませんから。」
 
民の要求に従い、モーセは神の山へ一人上っていきます。
 
 出エジプト記 20章21節
  そこで、民は遠く離れて立ち、モーセは神のおられる暗やみに近づいて行った。
 
イスラエルの民は、出エジプト以来、神の力ある業を見、神の恵みある業を味わい、また、神の厳かなるみ声を直接聞いて、何と信仰が強くなったことでしょう、何と確信を深めた事でしょう・・・・いいえ、そんな事はありませんでした。
 
神のみこころを頂き知るためにモーセがシナイ山に登り、一日、二日、三日・・・一週間、十日・・・と過ぎようとした時です。
あれほどの奇跡と不思議を体験し、神の臨在に直接触れたにも拘らず、民は次のように言いました。
 
出エジプト記 32章1節
 民はモーセが山から降りて来るのに手間取っているのを見て、アロンのもとに集まり、彼に言った。
   「さあ、私たちに先立って行く神を、造ってください。私たちをエジプトの地から連れ上ったあの
 
   モーセという者が、どうなったのか、私たちにはわからないから。」
 
また本来、雄弁であってモーセのスポークスマンであったアロンまでもが、その意志の弱さから民の声に推され、民に同意して、悪いと思いながら、この事件の中に巻き込まれて主謀者となったのです。
それにしても、何といともやすやすと人は信仰の道から逸れ、堕落する事でしょう。
人は肉の思いで、「今私は主を信じている」と思っても、次の瞬間にはもう分からないものなのです。
 
ヨハネの福音書 16節 
31節 イエスは彼らに答えられた。「あなたがたは今、信じているのですか。
32節 見なさい。あなたがたが散らされて、それぞれ自分の家に帰り、わたしをひとり残す時が来ます。
            いや、すでに来ています。しかし、わたしはひとりではありません。父がわたしといっしょに
            おられるからです。
 
人の心は何と弱い事でしょう。
一体、私達の信仰を弱くするもの、というより、信仰のよりどころは何なのでしょうか。
多くの人々は信仰というものを五感に頼ってしまおうとします。
神を直接見、神の臨在に直接触れ、感じたいと願うのです。(癒し、奇跡、不思議等)
しかし、信仰とは、神を信じて仰ぐ事です。
外的な体験よりも、その人自身の中に聖霊によって与えられる確信に留まり続ける事なのです。
神を信頼し、疑わず、意志を働かせて神に留まる心なのです。
イエス様も疑い深いトマスに、「信じない者にならないで、信じる者になりなさい」(ヨハネ20:27)と言っています。
私達は、押し流されないで、神のみことばの確信の中に留まり続けましょう。
 
へブル人への手紙 3章 
13節 「きょう。」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなに
            ならないようにしなさい。
14節 もし最初の確信を終わりまでしっかり保ちさえすれば、私たちは、キリストにあずかる者となるのです。
 
さて、ここで禁止されている偶像礼拝についてみてみましょう。
 
 出エジプト記 20章4節
  あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない。上の天にあるものでも、下の地にあるものでも、
      地の下の水の中にあるものでも、どんな形をも造ってはならない。
 
一口で偶像礼拝と言っても大きく分けて、2つのタイプの偶像礼拝があります。
 
1 偽りの神(人の観念から生み出された存在無い神、悪魔、悪霊)を目に見える形に刻み、
作り上げ、拝む異教的偶像礼拝、自然界のあらゆるものが拝む対象となる(太陽、月、木、石等)
2 真の神(聖書の神、ヤハウェ)を目に見える形に例え、刻むキリスト教的偶像礼拝
(出エジプト32:1、8)マリヤ像、十字架をお守りみたいに使う事
 
今日もこの出エジプト記20章4節はそのまま生きています。
私達はこの世の何ものをも神として拝んだり、神の代用としたりしてはいけません。
神が最も忌み嫌う罪、それは偽の神を作る事なのです。
 
さて、モーセはシナイの山の上で、このイスラエルの民の堕落を神に教えられて知りました。
 
出エジプト記 32章
7節 主はモーセに仰せられた。「さあ、すぐ降りて行け。あなたがエジプトの地から連れ上った
          あなたの民は、堕落してしまったから。
8節 彼らは早くも、わたしが彼らに命じた道からはずれ、自分たちのために鋳物の子牛を造り、
         それを伏し拝み、それにいけにえをささげ、『イスラエルよ。これがあなたをエジプトの地から
         連れ上ったあなたの神だ。』と言っている。」
 
“さあ、すぐ降りて行け”という神の声を聞いて、モーセはすぐに降りて行ったでしょうか。
いいえ、モーセは民のところに降りて行く前にまずなすべき事がありました。
イスラエルの民を神にとりなす事です。
彼はすぐに神の側に立って、神の恩恵と赦しをとりなしたのです。
 
10節 あなたを大いなる国民としよう(モーセだけを国民としよう)
13節 アブラハム、イサク、イスラエルを覚えてください。(イスラエルの民も覚えてください)
 
神の栄光を求め、御名が汚される事のないよう弁護し、約束の完成を神に願い求めたのです。
モーセは何という信仰の人、何という人格者でしょうか。
モーセはいつも主の側に立って物事を見、考えていました。
神の御名が汚されてはいけない、栄光が消されてはいけないといつも思っていたのです。
イスラエルの民の内には何一つ弁明出来る良きものはなかったのに、モーセは神の側に立ちつつ弁明し、とりなしたのです。
モーセは民がどんなに汚れても11節 ”ご自分の民に向かって”とあるのでイスラエルが神の聖なる約束を頂いた民としています。
 
モーセは主の民を見捨てず、主の民と共にいることを望み、彼らと共に進む事を主に求めたのです。
主の側に立つという事は決して人を見捨て、諦める事ではないのです。
その人の為に祈り、とりなし、神の約束と恩恵がその人の上にあるようにと願う事なのです。
また、このモーセのとりなしの姿は、神の子キリストによって完成され、成就された救いの型であって、キリストは私達の事を一人一人覚えて父なる神にとりなされているのです。
 
さて、モーセは怒りました。(19節)
アロンに強く糾弾したのです。
しかしアロンはこう言います。→22節~24節
アロンの答えは何としどろもどろで不条理な事でしょう。
任されていたにも関わらず、指導者、責任者としての自覚がないのです。
民に罪を転嫁し(24節)、また自然発生的に金の子牛が出て来たかのように言い訳をしています。
アダムとエバ、ルベンとヤコブの兄弟、また現代の政治家が罪を犯した際、秘書に転嫁するような罪人の姿です。
私達はいつも自分の罪を自分の罪として謙虚に認めるべきです。
 
 
主の側に立つモーセの決断と実行(出エジプト記32章25節~29節)
 
このモーセの対処は、少々厳しい事かもしれませんが、これは直接的には選びの民イスラエルへの神のさばきとして実行されたものです。
イエス・キリストの来られた後、今日このような方法をとる事は、みことば、御心ではありません。
しかし、その精神は今日も生きています。
“主の側に立つ”・・・決然とした態度が必要なのです。
私達のキリストへの愛と忠誠はいつも第一でなければなりません。
 
 マタイの福音書 12章
  46節 イエスがまだ群衆に話しておられるときに、イエスの母と兄弟たちが、イエスに何か話そうとして、
                  外に立っていた。
  47節 すると、だれかが行った。「ご覧なさい。あなたのおかあさんと兄弟たちが、あなたに話そうとして
                  外に立っています。」
  48節 しかし、イエスはそう言っている人に答えて言われた。「わたしの母とはだれですか。また、
                  わたしの兄弟たちとはだれですか。」
  49節 それから、イエスは手を弟子たちのほうに差し伸べて言われた。「見なさい。わたしの母、
                  わたしの兄弟たちです。
  50節 天におられる私の父のみこころを行なう者はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」
 
 ルカの福音書 12章
  51節 あなたがたは、地に平和を与えるためにわたしが来たと思っているのですか。そうではありません。
                  あなたがたに言いますが、むしろ、分裂です。
  52節 今から、一家五人は、三人がふたりに、ふたりが三人に対抗して分かれるようになります。
  53節 父は息子に、息子は父に対抗し、母は娘に、娘は母に対抗し、しゅうとめは嫁に、
                  嫁はしゅうとめに対抗して分かれるようになります。
 
そして、真に神を愛する人こそ、真に人を愛せる人なのです。
あなたはいつも神の側に立っていますか?